HOME競技日程・結果 > 第36回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会

競技日程・結果

競技結果詳細

第36回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会


●1区 木﨑 良子
自分の役割を果たすことが出来ずに終わってしまい
申し訳ない気持ちで一杯です。
課題がたくさん見つかるレースになりました。
次のレースでは自信をもってスタートラインに
立てるように頑張りたいです。
今回もたくさんの応援ありがとうございました!
応援して頂けることに感謝しこれからも努力していきます。

●2区 竹本 香奈子
今年も2区を走らせていただきました。
前との差を詰める事だけを考え、
自分の持ち味とする積極的な走りをしました。
しかし中盤で失速してしまい、
追いついたチームに再び離されてしまいました。
前半行けても後半も継続させて走る力がまだまだだなと実感しました。
来年は今年以上に力をつけて戻ってきます!
そしてチームの入賞、優勝に貢献します。
駅伝を走らせていただいていつも思うことは、
本当にダイハツに入社して良かったということです。
今年もたくさんの応援ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

●3区 松田 瑞生
今回は厳しいチーム状況の中でのレースでしたが、
全員が最後まで諦めず全力で走りきれたのでよかったです。
今回の結果を受け止め、悔しさをバネにまた頑張りたいと思います。
絶大なるご声援ありがとうございました。

●4区 樋口 智美
今回の駅伝では何回も走ったことがある4区ということや、
直前の合宿でも良い走りができていると思っていたので、
自信をもって最初から積極的な走りをするつもりでスタートしました。
しかし、思うように体が動かず順位を下げる結果となってしまいました。
それでも沿道から聞こえてくる応援団の皆さんの声に背中を押され、
最後まで諦めることなく走ることができたと思います。
たくさんの応援ありがとうございました。

●5区 岡 小百合
予選会に続き5区を走らせてもらいました。
まったくレースにならない走りをしてしまい、
チームに迷惑をかけてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。
脚もできていなく練習不足を実感しました。
これから走れる身体をしっかり作って、
一人でもレースを作っていける強い選手になりたいです。
応援ありがとうございました。

●6区 吉本 ひかり
今回の駅伝は、緊張もありましたが、
今持っている力は出し切ることができたと思います。
でも、結果に満足はしていません。
まだまだですが、これからも変わらず
日々練習に励んでいきたいと思います。
たくさん応援して頂き、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。


レース結果

<総合成績>
  • 優勝  2:15:08 JP日本郵政グループ
  • 2位  2:15:21 第一生命グループ
  • 3位  2:16:08 ヤマダ電機
  •     
  • 16位 2:19:26 ダイハツ

<個人成績>
  • 1区(7.0km)   木﨑 良子  23:00 区間20位
  • 2区(3.9km)   竹本 香奈子 12:23 区間12位
  • 3区(10.9km)  松田 瑞生  35:20 区間 8位
  • 4区(3.6km)   樋口 智美  12:21 区間22位
  • 5区(10.0km)  岡 小百合  34:25 区間22位
  • 6区(6.795km) 吉本 ひかり 21:57 区間 8位